お料理

こだわり厳選食材

南蛮エビ

南蛮エビ

一般には「甘エビ」と呼ばれる小型のエビも産地で食べると濃厚な甘みと粘りのあるプリプリした食感に驚かされます。新潟は漁港と港が近いため鮮度が高いことで有名です。色の鮮やかさから別名は「赤い宝石」。

紅ズワイガニ

紅ズワイガニ

コロンと丸みのある甲羅と長い足、生でも鮮やかな紅色が特徴のカニで、メスは腹に内子を抱えています。鮮度の良い茹でたては特に甘みが強く美味です。

ノドグロ

ノドグロ

正式名はアカムツだが、「白身のトロ」などと称されることもあるほど、季節を問わず脂が乗っており上品な味わいで、焼いても煮ても美味。高級魚として取り上げられるほど、人気の高い魚です。錦織圭選手も大好きな一品!

鮑

アワビの旬は8~9月。天然、養殖ともに、夏に産卵期を迎え、その時期、身が太くなります。通好みの「キモ」も充実し、美味しく食べられます。

魚沼産こしひかり

魚沼産こしひかり

魚沼地方のコシヒカリは特A産地米として全国的に知られています。山間地特有の昼夜の温度差が米を美味しくしています。

魚沼の酒

魚沼の酒

魚沼の美味しい水でできた地酒です。魚沼には酒蔵が二ヶ所あります。(緑川酒造、玉川酒造)

山菜

山菜

旬の時期/4月上旬~6月中旬
山菜は保存がきくため、1年を通して山菜料理が味わえます。山に囲まれ豪雪の魚沼の山菜は“香りがよく美味しい苦味があり”、とりたての山菜が一番美味しいと言われています。

たらの芽

たらの芽

天ぷらに最適な「たらの芽」は、近年、地域産業としてハウス栽培が行われています。
旬の時期/5~6月(天然)、12月~4月(栽培)

鮎

魚沼市内を流れる魚野川は香魚と呼ばれる“鮎”の生息地として全国の太公望に知られています。夏季には日本でも少なくなった“やな”と呼ばれる独特の仕掛け漁があり、清流の涼気と香ばしい鮎の塩焼きは魚沼の夏の風物詩として楽しまれています。

キノコ

キノコ

天然物、栽培物があり、1年を通してキノコ料理が味わえます。
旬の時期/9月下旬~

つけもの

つけもの

秋に収穫した野菜を漬けて越冬に備える伝統があるのでつけものが充実しています。かぶ菜漬け、大根漬け、なす漬け、等々あるなか、大根をいぶしてから漬ける「いぶし大根」は香りと歯ごたえが良く人気があります。

ぜんまい煮

ぜんまい煮

どの家庭でも冠婚葬祭のときに必ず作られる郷土料理がぜんまい煮です。ぜんまいが「血をきれいにする」「血を作る」などが言い伝えられ、お産の時に「ぜんまい煮」を食べさせる習慣がありました。

ページトップ
松乃井グループ